イブニングで連載された三田紀房先生の作品

女子フィギュアスケート選手が競艇に転向

競艇まんがと言えば「モンキーターン」が有名です。
その他には「競艇少女」「アタック0秒1」・・
そして、三田紀房先生の「透明アクセル」もおすすめできます。

 

「透明アクセル」の主題はビジネスに関すること。
それでも競艇の世界の事もビジネス視点でリアルに表現されています。
スポーツ界、エンターテイメント界の内幕が勉強になる漫画です。

 

主人公の青木智也は、大手広告代理店の社員。
ある日、上司の大胆な発案で
「女子フィギュアスケートのトップ選手を、競艇に転向させる。そしてビッグビジネスに!」
というものが出ます。
青木は、さっそく女子フィギュアのトップ選手にアプローチするも
相手にさず不審者扱いに。。

 

そんな時
女子フィギュアスケート界で、トップにはなれずくすぶっている山田麻美が
青木らの大手広告代理店の企画に興味を持つというストーリ。

 

競艇(ボートレース)まんがのおすすめは「透明アクセル」関連ページ

漫画「透明アクセル」(三田紀房)のあらすじ
ビジネス系の漫画「エンゼルバンク」「マネーの拳」などで有名な、三田紀房先生。「透明アクセル」も見ものです。内容は広告代理店が画策するスポーツブームの舞台裏です。あらすじは、広告代理店の青木智也らのスタッフが、ブームを画策することから始まります。何をブームにするか?それは競艇です。競艇は、男子と女子が一緒に勝負できて打ち負かすことも可能なスポーツです。この特性を、女性の地位向上などと結びつけてブームにして稼ごうと目論むストーリーです。