実用化すれば日本が「資源大国」の新エネルギーとは・・。

太陽の黙示録建国編のM資源「メタンハイドレート」とは

 

太陽の黙示録の中でも重要な要素となる
「M資源」
その正体は、実際に日本近海に大量に埋蔵されている
「メタンハイドレート」です。

 

メタンハイドレートは、新エネルギーとしても期待されています。

 

今のところ、エネルギーとしての実用化は困難です。
今後、開発が進み
もしも実用化が可能になれば
日本が「資源大国」になります。

 

 

もしも、日本が資源大国になれば・・
世界の状況が、だいぶ変化するでしょう。

 

その影響で、大きく損をする国や組織も多いです。
太陽の黙示録では
そのあたりの関係各国の思惑が描かれています。

 

太陽の黙示録建国編のM資源「メタンハイドレート」とは関連ページ

太陽の黙示録の結末!
日本列島が大地震で真っ二つに割れ、3つの国と地域に分かれてしまうという壮大なすとーりーの漫画「太陽の黙示録」。この第2部建国編の結末が良かったです。アメリカ・中国の思惑では、それぞれ日本を分割して我がものにしたいという欲求が強いわけです。一方で「北日本国」「南日本国」の両国の国民は争いながらも、「日本を再統一したい」という気持ちが強いわけです。混沌としながら物語は結末へ向かいます。