幾多の困難で心がすさんでいく日本民族が切ない

太陽の黙示録(かわぐちかいじ)のPC・スマホ・タブレット対応の電子書籍コミック

連載が始まった頃は
「マグニチュード8.8の地震なんて現実離れしている」
と思っていたのが、
その後の東日本大震災のマグニチュード9.0の地震で
リアリティが出てきました。

 

その後の未来の日本民族
2巻で台湾に移住することになった日本民族と
現地の台湾の人々との確執・・。

 

蔑まられる日本民族が耐え兼ねて
争いごとを起こしそうになった時の
ある日本人(脇役)の
「我々は、和を好む日本人だろ!」

というようなセリフが心に染みてきました。

 

一方で、綺麗事ばかりじゃなくて
アメリカ・中国などの大国の思惑
銃撃戦シーンのリアルさなどは迫力がありました。

 

太陽の黙示録の電子書籍が出ています。
PC、スマートフォン、iPadに対応しています。

 


「太陽の黙示録」の関連記事一覧

太陽の黙示録の電子コミックのダウンロードはこちら

小松左京先生の「日本沈没」を連想するのが「太陽の黙示録」です。太陽の黙示録では、列島の沈没こそまぬがれますがその後の日本人は、苦境に立たされます。移住先で、蔑まされる日本民族。北と南に分断される日本民族・・。確か、「日本沈没」の小松左京先生が描きたかったことは「祖国を失った日本人が、その後どうするか...

≫続きを読む

「本土決戦」を連想する!太陽の黙示録の感想

1945年の夏に、日本は降伏しました。が、降伏しないケースも考えられました。アメリカ軍は日本本土侵攻作戦も策定していました。1945年の秋に予定していた「ダウンフォール作戦」作戦の概要は本「日本殱滅―日本本土侵攻作戦の全貌」の中に書かれてあります。その内容は恐ろしいものでした。・徹底的な海上封鎖で兵...

≫続きを読む

太陽の黙示録では大地震で東京の首都機能移転!

かわぐちかいじ先生の漫画「太陽の黙示録」では大地震と富士山の噴火の影響で東京都は壊滅的なダメージを受けます。その後の、連動的な東海・東南海・南海地震の影響で大阪と京都も壊滅します。そのため新首都は札幌ということになりました。実際、現実的には、どうなのでしょう?1999年の国会での審議会では、移転先の...

≫続きを読む

漫画「太陽の黙示録」の感想。

かわぐちかいじ先生の漫画「太陽の黙示録」の、私の感想を書きます。主人公の柳舷一郎は、現実離れした正義感の持ち主です。それでも作品全体としては、けっして「青臭い内容」じゃないです。※青臭い【意味】人格や言動などが未熟である。登場人物は、腹黒い人たちが多いです。アメリカ、中国などの大国の思惑・・。そして...

≫続きを読む

ネタバレ注意!太陽の黙示録のあらすじ

漫画「太陽の黙示録」のあらすじを書きます。ネタバレ注意。物語は、2002年の「日本大震災」で日本列島が真っ二つに割るところからスタートします。その後、日本は事実上2つの国になります。分断国家です。一つは、札幌を首都として中国の影響を強く受けるノースエリア。もう一つは、福岡を首都としてアメリカの影響を...

≫続きを読む