最初に劉備玄徳が黄河を眺めるシーンが似ている

両方の作品とも「三国志演義」をベースにしている。

吉川英治の小説「三国志」と、横山光輝のマンガ「三国志」には共通点があります。

 

両者とも始まりのシーンでは、劉備玄徳が黄河を眺めています。
横山先生は、吉川先生の小説「三国志」をマンガ化したということでしょうか・・?

 

おそらく、かなり参考にしたと思います。
それでも両者とも、「三国志演義」をベースにして作られている作品です。

 

「三国志演義」では、劉備が黄河を眺めるシーンからは始まらないようです。
中国のあちこちで、自然災害が起こるというような始まり方です。
不吉な感じを演出する効果があるようですね。

 

実際、自然災害がきっかけで世の中の乱れが悪化するという事も多々あるようです。
日本の戦国時代・幕末の背景にも「自然災害」が深く関与していました。

 

最初のシーンこそ違っても
「三国志演義」第一回の内容は小説にもマンガにも似ています。
「黄巾党の乱」が起こり
劉備、関羽、張飛が「桃園に宴して三豪傑義を結び」というストーリー。

 

吉川英治「三国志」と、横山光輝のマンガ「三国志」との共通点関連ページ

横山光輝の三国志の漫画
横山光輝の三国志の電子漫画版が配信されています。全巻揃います。一部、無料立ち読みもできます。パソコン、スマートフォンなど多くの端末に対応しているのはイーブックジャパンです。
アニメ動画で赤壁の戦い!横山光輝 三国志
アニメ三国志では、原作には無かった部分も追加されていました。孔明の若い頃や呂布の末路などがありました。クライマックスの赤壁の戦いの部分がユーチューブにもありました。
SFCソフト横山光輝三国志
SFC(スーパーファミコン)ゲームソフトとして1992年に発売された「横山光輝 三国志」は良かったです。歴史シミュレーションゲームと言えば光栄(KOEI)がメジャーですが。横山光輝三国志はエンジェル(現・メガハウス)から出ました。
ゲームでは人材集めが肝心
スーパーファミコンの「横山光輝 三国志」では、優秀な人材集めが勝負どころになります。「人事」の「人材」で発見できます。諸葛亮孔明は、やはり劉備が三顧の礼などを行わないと仕官しにくいようです。
映画「レッドクリフ」で三国志に興味!
映画「レッドクリフ」から三国志に興味を持つ方は多いです。壮大なスケールの三国志の、いろんなエピソードの一部を描いたレッドクリフ。実は、他にも多くの出来事がありました。本で楽しむなら横山光輝の漫画「三国志」がおすすめです。
45巻が物語の節目
横山光輝「三国志」の45巻では、ついに劉備玄徳が死んでしまいます。病死です。45巻は、一つの節目と言えるでしょう。お馴染みのキャラが相次いで死んでしまい・・物語が寂しくなりそうです。それでも、その後に始まる諸葛亮孔明の「南蛮征伐」は面白いです。
三国志演義と三国志正史の違いとは・・?
三国志の話は主に「三国志演義」と「三国志正史」という歴史書から作られます。横山光輝さんの漫画「三国志」や、映画「レッドクリフ」は、「三国志演義」のほうを重視しています。2つの書物の違いは何でしょうか?
街亭の戦いで、馬謖以外が担当していれば蜀は魏を滅ぼしたか?
横山光輝の漫画「三国志」は、非常に面白いです。人気のあるシーンの一つに「街亭の戦い」があります。馬謖が諸葛亮の命令を破り蜀軍が負けるシーン。・・もしも、馬謖以外がこの戦いの指揮をしていれば蜀の国は魏の国を滅ぼしていたのか・・。興味がそそられます。
諱(いみな)と字(あざな)は、横山光輝「三国志」ではどう扱われたか
昔の人の名前には諱(いみな)と字(あざな)というものがあります。劉備玄徳なら「備」が諱(いみな)で、玄徳が字(あざな)。目上の人を、諱で呼ぶのは失礼にあたります。横山光輝先生の「三国志」では、キャラどうしでの呼び方に苦心されたようです。
横山光輝「三国志」を読後・・小説が読みたくなる
マンガ「三国志」(横山光輝)を読み終えた方は、小説を読みたくなる方も多いようです。ほとんどの作品は、三国志演義をベースにしていますが・・、逆に「三国志正史」をベースにした小説を読みたくなる人もいます。演義じゃなく正史に基づいた小説はどれでしょうか。
スマホで横山光輝のマンガ「三国志」の電子書籍が読める
人気マンガ、横山光輝「三国志」の電子書籍版がスマートフォンでも読めます。全巻を、どこにでも持ち運べるような状態で便利です。イケメンのイメージの趙雲が、マンガでは、ごっつい感じの男性に描かれています。
年をとるにつれて、ますます横山光輝「三国志」が好きになる人も・・。
少年の頃に初めて三国志を読んで、大人になってもう一度「三国志」を読む方もいます。横山光輝「三国志」。子供の頃とは違ったところが心に刺さることもあります。諸葛亮孔明の「秋風五丈原」のエピソードなど。年をとるにつれて、ますます「三国志」が好きになる人もいます。
五虎将軍の強さランキング!横山光輝「三国志」では
蜀の国の「五虎将軍」と言えば、関羽、張飛、趙雲、馬超、黄忠の5人です。この5人は、マンガ横山光輝「三国志」の中でも活躍します。強さのランキングはどう思いますか?一騎打ちのシーンは迫力があります。史実でも「一騎打ち」は頻繁に行われたのでしょうか・・。
マンガ家、横山光輝先生は、もっと評価されるべきだと思う。
歴史マンガ「三国志」などで知られる横山光輝先生は、もっと評価されるべきだと思います。あの”漫画の神様”と言われた、手塚治虫先生に匹敵するほどの凄い人だと思います。「鉄腕アトム」が出た頃には、「鉄人28号」が人気の面では凌駕していました。他にも「魔法使いサリー」などの少女マンガの名作もあります。
横山光輝三国志DVD全47話と、マンガや人形劇の違いは
横山光輝の三国志のアニメDVDも出ています。12枚で全47話。DVDでは赤壁の戦いまでで終わります。マンガやNHKの人形劇は、その後も長く続く点が違っています。
全く知らない人向け「三国志」の概要を解説
自分の周囲の友人が「三国志」に詳しい場合もあります。女性でも詳しい場合もある。そうすると全く知らない自分は、気まづく感じます。そうかと言って、長い小説やマンガを読むのは大変。おおまかな概要を解説します。
三國無双7猛将伝でも、荀ケはプレイアブルキャラではない・・
ゲームの三國無双7猛将伝では、新キャラクターとして陳宮が追加されました。・・。陳宮よりも先に荀ケをプレイアブルキャラとして追加して欲しい気持ちもあります。