全60巻でも、電子コミックならスペースをとらない!

横山光輝「三国志」の電子書籍コミック(PC,スマホ版)のダウンロードはここ

三国志時代の初期の董卓や呂布の活躍から・・劉備たちの桃園の誓い。

 

諸葛亮孔明の登場。そして赤壁の戦いなど・・
壮大なスケールの
横山光輝先生の「三国志」が電子書籍版でも人気です。

 

スマートフォン、パソコン、iPadなどさまざまな端末に対応しています。

 

全60巻をリアルに保持するとなると本棚のスペースをかなり占拠します。
電子コミックなら、スペースをとらないのが便利です。

 

横山光輝「三国志」の関連記事一覧

三国志(横山光輝)の電子漫画ならイーブックジャパン

最近では、三国志に関する漫画が多く出ています。それでも、まずは横山光輝先生の「三国志」から入りたい。絵柄が最近のものと比べると劣りますが・・。全60巻の圧倒的なボリューム。先生の強い気迫が感じられます。初期の頃の董卓や呂布の暴虐の話など普通は、あまり好まれないような話までシッカリと描かれていて好きで...

≫続きを読む

アニメ動画で赤壁の戦い!横山光輝 三国志

孔明の初期の頃の活躍が光った「赤壁の戦い」風を変えるための祈祷をするシーンが迫力がありました。孔明本人は、科学的な気象に関する情報に基づいている様でもあり・・一心不乱に祈祷を行う。共闘していた呉の周瑜もビビっていたのが印象的です。

≫続きを読む

SFCゲームソフト横山光輝三国志とは

テレビアニメ「横山光輝 三国志」の顔グラフィックに準拠したSFC(スーパーファミコン)ゲーム版が1992年に出ていました。歴史シミュレーションゲームです。メーカーは光栄(KOEI)ではなくてエンジェルという所でした。(現:メガハウス)登場武将の中に、西晋の初代皇帝、司馬炎(しば えん)も登場するのが...

≫続きを読む

人材集めが勝負どころ!スーパーファミコンの横山光輝三国志

スーパーファミコンソフトでも「横山光輝 三国志」は好評でした。優秀な武将の人材集めが鍵になります。人事の「人材」で探せます。シナリオ1の劉備プレイでは、徐晃や張済が欲しいところです。そして一気に董卓を攻め滅ぼすのが良いです。せっかく発見しても、仕官してくれない武将もいます。その場合は、君主自らで試し...

≫続きを読む

映画「レッドクリフ」で三国志に興味を持ったら横山光輝の漫画本がおすすめ

映画「レッドクリフ」を見て、三国志に興味を持つ方も多いです。壮大なスケールの映画でした。かなりの創作的な要素もありますが、歴史上では、どうだったのか・・?興味深いところです。ある程度のフィクションはありますが・・横山光輝のコミック「三国志」はおすすめできます。読みやすくて三国志に詳しくなれます。

≫続きを読む

白帝城にて劉備の死・・横山光輝「三国志」45巻

横山光輝「三国志」の45巻は、物語の大きな節目です。劉備玄徳がついに寿命を迎えて死んでしまいます。主要キャラの死は寂しいものです。後を託されたのは、ご存知、諸葛亮孔明。この後は、孔明が主役のような感じで活躍します。孔明の「南蛮征伐」では天才軍師としての本領を発揮して、読み応えがあります。

≫続きを読む

三国志演義と三国志正史の違いとは・・?

三国志の話は主に「三国志演義」と「三国志正史」という書物をもとに作られています。横山光輝さんの漫画「三国志」や、映画「レッドクリフ」は「三国志演義」がベースです。演義と正史の2つの違いは何でしょう?「三国志正史」のほうは、歴史上の事実を伝えるために編纂されたものです。当初は陳寿という人物が個人で書く...

≫続きを読む

街亭の戦いで、馬謖以外が担当していれば蜀は魏を滅ぼしたか?

横山光輝の漫画「三国志」の人気シーンの一つに「街亭の戦い」があります。劉備玄徳は、晩年は馬謖をあまり推していない様子でした。ようするに「馬謖は口だけの男だ・・。」という事です。「街亭の戦い」は、馬謖が諸葛亮の命令を守らずに敗れてしまいます。もしも、この戦いで馬謖以外が指揮をとっていたら・・?その後、...

≫続きを読む

諱(いみな)と字(あざな)は、横山光輝「三国志」ではどう扱われたか

昔は、偉い人の名前を本名で呼ぶのは失礼にあたりました。それで、役職や字(あざな)で呼ぶことが多かったようです。劉備玄徳の場合は、字(あざな)は玄徳です。「劉」は姓のようなもので、「備」は個人を特定する名前、諱(いみな)です。当時は「関羽」「張飛」など本名では呼び合っていなかったようです。横山光輝先生...

≫続きを読む

横山光輝「三国志」を読後・・小説が読みたくなる

マンガの「三国志」(横山光輝)を読み終えると、小説を読みたくなる人もいます。三国志の歴史的な資料は◆三国志演義◆三国志正史の2種類が有名です。マンガや小説などのほとんどは、三国志演義がベースであることが多いです。特徴は、蜀の国に好意的な内容であることです。一方で、三国志正史は魏の国に好意的な内容です...

≫続きを読む

スマホで横山光輝のマンガ「三国志」の電子書籍が読める

マンガ「三国志」(横山光輝)の電子書籍版が、スマートフォンでも読めます。横山光輝先生のマンガでは、趙雲の描き方がごっつい男的に描かれていました。映画などでは趙雲は、イケメンのイメージがあります。歴史的な資料では、趙雲の容姿はどのように伝えられているのでしょうか。「趙雲別伝」によると「身の丈8尺(18...

≫続きを読む

年をとるにつれて、ますます横山光輝「三国志」が好きになる人も・・。

子供の頃に横山光輝「三国志」を読んでハマリ・・大人になってから、もう一度読んで、ますます好きになる方もいます。子供の頃と、大人になってからでは心に刺さるポイントが違う事が多いです。少年の頃は、「赤壁の戦い」などの計略の話にワクワクします。そして大人になって印象に残るのが、諸葛亮孔明の晩年のエピソード...

≫続きを読む

吉川英治「三国志」と、横山光輝のマンガ「三国志」との共通点

吉川英治の小説「三国志」と、横山光輝のマンガ「三国志」には共通点があります。両者とも始まりのシーンでは、劉備玄徳が黄河を眺めています。横山先生は、吉川先生の小説「三国志」をマンガ化したということでしょうか・・?おそらく、かなり参考にしたと思います。それでも両者とも、「三国志演義」をベースにして作られ...

≫続きを読む

五虎将軍の強さランキング!横山光輝「三国志」では

蜀の国の五虎将軍と言えば、関羽、張飛、趙雲、馬超、黄忠の5人です。この5人で強さのランキングを付けるとしたら、どうしますか?マンガ横山光輝「三国志」ならば、私は以下の考えです。1位:関羽2位:趙雲3位:馬超4位:張飛5位:黄忠関羽は、5人の中で飛び抜けていると思います。馬超と張飛が、微妙ですね。光栄...

≫続きを読む

マンガ家、横山光輝先生は、もっと評価されるべきだと思う。

マンガ「三国志」の作者、横山光輝先生は多くの有名な作品を残されました。ハッキリ言って、漫画の神様と呼ばれた手塚治虫先生に匹敵する凄さだと思います。「鉄腕アトム」が流行した時代には「鉄人28号」。当時は、人気の面では「鉄人28号」のほうが上回っていたようです。また、手塚先生の「リボンの騎士」に対しては...

≫続きを読む

横山光輝三国志DVD全47話と、マンガや人形劇の違いは

アニメDVDでも、横山光輝「三国志」が出ています。12枚で、全47話です。アニメ版の場合は、赤壁の戦いで終わります。赤壁の戦いは三国志の大きな節目の一つですね。一方で、原作のマンガやNHKの人形劇ではその後も続きます。「張飛の憤死」などが見所。最終的に、全60巻で諸葛亮孔明の死まで続きます。全く同じ...

≫続きを読む

全く知らない人向け「三国志」の概要を解説

全く知らない方、超初心者の方向けに中国の「三国志」の時代の概要を解説します。まずは、その面白さから!◆読んでいて、戦略や戦術がワクワクする。◆天才的なキャラと、おバカキャラのギャップが面白い。◆勇敢なキャラと、ビビリなキャラのギャップが面白い。◆天才vs天才、豪傑vs豪傑の、ハラハラする戦いが面白い...

≫続きを読む

三國無双7猛将伝でも、荀ケはプレイアブルキャラではない・・

三国志では、人気の知将「荀ケ」(じゅんいく)。ゲームの「三國無双7猛将伝」でも、プレイアブルキャラではないそうです。少しガッカリですね。ちなみに、新キャラとして陳宮が登場するそうです。荀ケは美形キャラで、非常に人気が高いです。横山光輝さんのマンガ「三国志」でも活躍していました。初期の10巻〜14巻く...

≫続きを読む