初心者でも安心!電子書籍はどこが凄いか

特にこだわりが無ければ、普通のタブレット端末ががおすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本では、電子書籍の普及スピードは遅いです。
それでも、いずれ普及するものだと予想されます。

 

読める端末は、さまざまです。
パソコン、スマートフォン、タブレット
そして

 

◆アマゾンのKindle
◆シャープのガラパゴス
◆ソニーのReader
など。

 

メリットは、自宅が狭くても多くの本を蔵書できるという点です。
蔵書が可能な量は機種にもよりますが、ほぼ無限と思って良いでしょう。

 

「どの端末がおすすめか?」
と言われると
特に、こだわりが無ければ
普通のタブレット端末で良いでしょう。
タブレット端末ならば、パソコンでもあるので使い道は豊富です。

こだわりがある場合は、以下のとおりです。
◆読書家なので、大量に読みたい人は本の種類が多いアマゾンのKindle
⇒デメリットは蔵書が200冊まで(入れ替えは可能)

 

◆画質を、とにかく綺麗なものにしたい方はシャープのガラパゴス
⇒デメリットは消費電力が激しい。バッテリーが重い。

 

本が好きで、家中に大量に本がありスペースに困っている人には便利です。

電子書籍の基礎知識の関連記事一覧

電子書籍のメリットについて

電子書籍について分かりやすく解説した動画を発見しました。アメリカでは急速に普及している電子書籍ですが・・日本では、なかなか普及しません。それは何故でしょう?動画では触れられていませんでしたが理由には以下のようなことがあるようです。◆日本のほうが、著者や出版社の権利調整に時間がかかる。◆日本のほうが、...

≫続きを読む

電子書籍の普及は、グーテンベルクの「活版印刷」革命に匹敵するかも

電子書籍の普及は、世界に大きなインパクトをもたらすと言われています。15世紀のドイツのヨハネス・グーテンベルクの「活版印刷」革命に匹敵するという方もいます。日本国内だけを見ると、まだまだ実際の本の存在感が圧倒的で電子書籍の影は薄いです。ところが、他の国に目を向けると、電子書籍の普及には目を見張るもの...

≫続きを読む

猪瀬直樹さんと西田宗千佳さんの対談。電子書籍の未来を語る。

猪瀬直樹さんと、ITジャーナリストの西田宗千佳さんが対談をしていました。テーマは「電子書籍の未来」について。西田宗千佳さんは、本(リアル本&電子書籍)「iPadvsキンドル」で有名な方です。「電子書籍」について、想像や思考実験的な事じゃなくてきちっとした調査やインタビューに基づいて書かれた本で興味深...

≫続きを読む

書き手側から見る電子書籍のメリットとデメリット

作家など、本の書き手側から見た電子書籍のメリットとデメリットもあります。猪瀬直樹さんが指摘されていました。◆メリットは、絶版が無いということ。◆デメリット、書く前の取材費を集めにくいということ。納得させられました。【メリットの絶版が無いとは】そもそも、「絶版」が何故出るかというと本屋さんの棚が一杯に...

≫続きを読む

本を電子化して「電子書籍」にしようという発想自体が陳腐という説

「電子書籍」に関する議論は活発です。「紙が不要な本の登場で資源の節約になる」「スペースをとらないので多数の本を所蔵できる。」などの話がメインです。根本的に、はなっから「本というものは凄い」という発想です。ところが大阪芸術大学の純丘曜彰(すみおか てるあき)先生は違った見解を持たれています。一口で言え...

≫続きを読む

電子書籍の端末競争は、キンドルよりも汎用型が有利

電子書籍の端末競争は、激しいです。利用する側も、何を買おうか迷ってしまいます。端末は、キンドルなどの電子書籍専用のタイプとiPadなどの汎用型のタイプの2種類に大別できます。両者が競争すると、汎用型のほうが有利だと思います。キンドルなどの専用型の端末は「電子書籍を読む」以外は、ほとんど何もできない物...

≫続きを読む

大型書店と専門書店は、電子書籍が普及しても生き残りそう

電子書籍の普及で、書店や出版社はどうなってしまうのでしょうか?まず書店については超大型書店の「紀伊國屋書店」「ジュンク堂」「三章堂」などは生き残るでしょう。そして、小さくても専門書店は生き残るような気がします。厳しいのは中途半端な規模の書店でしょう。やや大きめの規模でも点数が10万点程度の品揃えでは...

≫続きを読む

コストが下がる電子書籍。誰かがボロ儲けでは普及しにくい。

電子書籍が、普通の紙の本と同じ値段で販売されているケースがあります。これには納得がいかない事もあり。電子書籍は、紙の本に比べて低コストな事も特徴です。普通の本は◆用紙代・印刷代・製本代で価格の約15%◆取次店・書店の取り分で価格の約30%◆著者の印税に価格の約10%という割合です。電子書籍の場合は、...

≫続きを読む

正規品が適正価格になれば、電子書籍の違法コピーは減る説。

電子書籍が普及すると、違法コピーが横行する事も懸念されています。それでも考えようによっては安い正規の電子書籍が普及すれば、違法コピーが減るとも想定できます。消費者は「正規品が安いのに、わざわざウイルス感染などのリスクをとってまで違法コピーをダウンロードしようと思わない。」という感覚になるかもしれませ...

≫続きを読む

過去の本の再ブームも期待できる電子書籍

電子書籍が普及すると、過去の本の再ブームも期待できます。音楽の分野では、iTunsの登場で「古い曲もよく売れる」という事が実証されました。似たような現象は、電子書籍の分野でも起きるでしょう。出版社は、新刊本にはガンガン宣伝費をかけてセールスします。一方で、古い本はあまり売り込みません。この状況に変化...

≫続きを読む