広島のエグい方言が印象に残る漫画「カバチタレ!」

広島弁の「カバチタレ!」は、地元の人達に日常的に使われているのか?

漫画「カバチタレ!」

 

「カバチタレ」は、広島弁で「屁理屈を言う人」という意味です。
実際の広島では、日常的に使われる言葉なのでしょうか?

 

広島の人の話によれば
使われるそうです。

 

「カバチタレ」をそのまま使うというよりも
「カバチたれんな!」⇒意味「屁理屈を言うな」
「カバチじゃ!」⇒意味「屁理屈だ」
というふうに使われるそうです。

 

作品を読んでいると広島に興味を持たされます。
他にも、エグい広島弁などが出てきて面白いです。

 

広島以外でも使う表現かもしれませんが
「赤猫這わせたろか!」は、エグいです。意味は「放火してやろうか」ということです・・。

 

広島弁の「カバチタレ!」は、地元の人達に日常的に使われているのか?関連ページ

法律に詳しくなるマンガ
漫画「カバチタレ!」は、広島を舞台にして行政書士が活躍するストーリーです。法律に疎い人々と、詳しい人々のギャップがよく伝わります。法律に疎いと大変なことになりますね・・。「カバチタレ!」の内容は、実は法律業界(法曹関係)からは批判も多い作品ですが、非常に勉強になります。
漫画「カバチタレ!」全巻がスマートフォンで読める!
法律に詳しくなる漫画「カバチタレ!」全巻の電子書籍がスマートフォンで読めます。ちなみにパソコン、タブレットにも対応。「たかが漫画」とは言えない作品です。法律を知らない事の怖さが実感できます。学校の勉強的じゃない世間知が身に付きます。