行政書士事務所の話。法律に疎い人々の悲哀を描いた作品。

カバチタレ!の電子書籍コミックをスマホ・PC対応でダウンロードするならここ

原作:田島隆
漫画:東風孝広
そして
あの「ナニワ金融道」の青木雄二先生が監修した作品。
「カバチタレ!」

 

広島の行政書士事務所の話です。
法律と言えば「弁護士」を連想しますが・・弁護士ほどステータスが高くない行政書士にスポットを当てた作品。

 

法律に疎い、一般の人々の悲哀を
これでもか!というほど描いてくれます。

 

ストーリーの流れで警察も多く描かれます。
独特の警察の描き方です。
胡散臭さがムンムンする警察の描き方が大好きです。

 

漫画「カバチタレ!」の関連記事一覧

法律に詳しくなるマンガ!カバチタレ

法律に詳しくなりたくても・・。実際の法文は、表現がとても解りにくいものです。そして普通の解説書を読んでいても退屈。漫画「カバチタレ!」は、ストーリー的にハラハラドキドキしながら読んでいるうちに法律にも詳しくなります。法律を知る事の大切さ。逆に、法律というものが「いかに机上の空論か」という事が、面白い...

≫続きを読む

広島弁の「カバチタレ!」は、地元の人達に日常的に使われているのか?

漫画「カバチタレ!」「カバチタレ」は、広島弁で「屁理屈を言う人」という意味です。実際の広島では、日常的に使われる言葉なのでしょうか?広島の人の話によれば使われるそうです。「カバチタレ」をそのまま使うというよりも「カバチたれんな!」⇒意味「屁理屈を言うな」「カバチじゃ!」⇒意味「屁理屈だ」というふうに...

≫続きを読む

漫画「カバチタレ!」全巻がスマートフォンで読める!

漫画「カバチタレ!」は、社会勉強になる漫画です。キャラクターの重森寛治のセリフでは「しょせん、法律は『机上の空論』だ・・。」ということでした。それでも、法律を知らない事の怖さが実感できます。法律や社会の影の部分に詳しくなります。また、警察が出るシーンも多いです。警察の「なるべく動きたくない感」が、よ...

≫続きを読む