法律の裏をかき、立身出世を目指すエグいストーリー

「極悪がんぼ」は、あの「カバチタレ」「特上カバチ」とも世界観をともにする

「カバチタレ」「特上カバチ」の作者
原作:田島隆先生、漫画:東風孝広先生が描く
話題作「極悪がんぼ」。

 

「がんぼ」とは広島弁で「いたずらっ子、悪ガキ」という意味です。

 

ストーリーはエグいです。
裏社会での立身出世を描いた作品。

 

カレーライスに例えれば
「カバチタレ」「特上カバチ」が中辛だったとしたら
「極悪がんぼ」は辛口です。

 

カバチタレの世界観が好きな人なら楽しめる作品です。

 

 

極悪がんぼの関連記事一覧

極悪がんぼに出ていた「事件屋」は本当に実在するのか?

漫画「極悪がんぼ」では、「事件屋」の世界が描かれます。報酬をもらって、揉め事の解決をする人達です。この「事件屋」は、実在します。ヤ●ザの方達の事もあるし、似ているが違う場合もあります。弁護士の資格が無く、弁護士業務を行うことは非弁活動となり違法行為です。「事件屋」は非弁活動に該当することが多いです。...

≫続きを読む

裏社会のことがわかる!極悪がんぼの感想

極悪がんぼの感想は、とにかく「知らない裏の社会の事情がわかり、興味津々!」ということです。作者の田島隆先生が、海事代理士ということもあり船に関する話はリアルです。カバチの主人公、田村勝弘に比べて極悪がんぼの神崎守は野心が強いです。「ビッグになってやる」が口癖。神崎は根は良い奴ですが、青臭いだけじゃな...

≫続きを読む