重さ、わずか155gの機種も出ている。

ソニー「Reader」のメリットとデメリット。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SONYの電子書籍タブレット「Reader」は、軽量なのがメリットです。
デメリットは、購入から実際に読むまでの手間がかかる点です。
一般の人が、Readerの感想を述べた動画を発見しました。

 

 

 

Reader本体に
文庫本の場合、1300冊
マンガ本の場合、30冊
ほど入れることができます。

 

マンガ30冊は、少ないですねー。長編マンガ1つで満杯でしょう。
(入りきらないこともある)

 

ところが
SDカードを入れるスロットルが付いているのが特徴。
アマゾンの「Kindle」や楽天の「Kobo」には付いていません。
SDカードは、多少はスペースをとりますが・・タップリ漫画を保存できます。

一方で、Readerのデメリットもあります。
書籍を買うところの「Reader Store」の使いがってがよくないという意見もあります。
他には、暗いところでは読みにくい事もあります。

軽量で好評!電子書籍タブレットSONY「Reader」関連ページ

電子書籍のタブレットを比較すると、どれが良いのか?
電子書籍のタブレットは、種類が多いです。初心者としては、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。結論は、初心者で読書量が多くは無い人の場合は普通のタブレットPCのほうが良いと思います。それでも気になる、有名なキンドルやリーダーを比較します。
電子書籍のタブレットは人気だが・・。
キンドルや、ソニーの「リーダー」など。電子書籍専用のタブレットは人気があります。読書家にとっては便利な端末ですが。読書以外のツールとしても使いたい時は、普通のタブレットPCのほうが良いと思います。
通信費はいるのか?電子書籍タブレットのアマゾンKindle
アマゾンの電子書籍専用タブレット「Kindle」は有名です。それでも気になるのは「通信費」です。もしも、キンドルを買って読みたい本(電子書籍)が無くて、しばらく使わなかったとしても・・通信費はかかるのでしょうか。