基本的な操作。メリットやデメリットを知りたい。

自宅で無線LANが使える環境なら、キンドルは通信費はかからない。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アマゾンの「Kindle」は有名になり気になる方も増えました。
それでも、「基本的に、どういう物なのか?」と疑問に感じる人も多いです。

 

キンドルの基本的な使い方を解説した動画を発見しました。

 

「通信費」を気にする方も多いです。
通信費は自宅で「無線LAN」が使える環境であれば、いらないです。

 

ただ、自宅以外のどこでも使いたいという事になると・・
モバイルwi-fiルーターなどが必要になり、通信費が発生します。

正直言って、初心者にはあまりオススメできないタブレットです。
電子書籍に興味があっても、もともと読書家でもない人は汎用型のタブレットのほうが良いと思います。

 

「Kindle paperwhite」は、白黒のディスプレイです。
字が多い、白黒の本(カラー漫画や写真集以外)を、とにかくガンガン読みたい人には便利でしょう。

 

「Kindle fire」のシリーズは、アンドロイドをOSとしたタブレットです。
アマゾンから購入した電子書籍を、アンドロイドのスマホやタブレットでも読めます。

通信費はいるのか?電子書籍タブレットのアマゾンKindle関連ページ

電子書籍のタブレットを比較すると、どれが良いのか?
電子書籍のタブレットは、種類が多いです。初心者としては、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。結論は、初心者で読書量が多くは無い人の場合は普通のタブレットPCのほうが良いと思います。それでも気になる、有名なキンドルやリーダーを比較します。
電子書籍のタブレットは人気だが・・。
キンドルや、ソニーの「リーダー」など。電子書籍専用のタブレットは人気があります。読書家にとっては便利な端末ですが。読書以外のツールとしても使いたい時は、普通のタブレットPCのほうが良いと思います。
軽量で好評!電子書籍タブレットSONY「Reader」
SONYの電子書籍タブレット「Reader」は、とにかく軽量なところが人気です。重さわずか155gの機種も出ています。デメリットは、購入から実際に読むまでの手間がかかる点です。シャープ「ガラパゴス」の愛用者からは、億劫に感じられるでしょう。