NexusやiPadは、便利。

読書量が多い、読書家以外には微妙なキンドルなど・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

電子書籍のタブレット「キンドル」「リーダー」などは人気が出ています。
軽量で持ち運びが楽であること。
目に優しくて、長時間の読書もしやすいこと。
など、良い点も多いです。

 

 

それでも、
「そもそも、読書家ではないので、読む量も少ない。」
「読書以外の、他の用途でも活用したい。」
という人には、微妙です。

 

普通のタブレット、iPadやネクサス7などが向くと思います。
小説や、文字数の多い書籍を読むことはしんどいですが・・
マンガや、ちょっとした雑誌の斜め読み程度ならお得感があります。

電子書籍のタブレットは人気だが・・。関連ページ

電子書籍のタブレットを比較すると、どれが良いのか?
電子書籍のタブレットは、種類が多いです。初心者としては、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。結論は、初心者で読書量が多くは無い人の場合は普通のタブレットPCのほうが良いと思います。それでも気になる、有名なキンドルやリーダーを比較します。
通信費はいるのか?電子書籍タブレットのアマゾンKindle
アマゾンの電子書籍専用タブレット「Kindle」は有名です。それでも気になるのは「通信費」です。もしも、キンドルを買って読みたい本(電子書籍)が無くて、しばらく使わなかったとしても・・通信費はかかるのでしょうか。
軽量で好評!電子書籍タブレットSONY「Reader」
SONYの電子書籍タブレット「Reader」は、とにかく軽量なところが人気です。重さわずか155gの機種も出ています。デメリットは、購入から実際に読むまでの手間がかかる点です。シャープ「ガラパゴス」の愛用者からは、億劫に感じられるでしょう。