熱心な読書家以外は、普通のタブレットPCのほうがおすすめ。

初心者には、普通のタブレットPCがおすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

電子書籍を読みたい時の、タブレットを選ぶとしたら
どんなものが良いでしょうか?
結論は、初心者で、熱心な読書家でもない人には普通のタブレットPC(電子書籍対応汎用端末)をおすすめします。

 

 

上級者は、そもそも疑問に感じずに自分で選ぶと思います。
ところが、初心者は迷います。

 

電子書籍のタブレットと言えば、アマゾンのKindleやソニーのReaderが頭に浮かびます。
良いものですが、
これらは、「電子書籍を読む」という事に特化されたタブレットです。

 

普通のタブレットよりも、目に負担がかからないように
紙媒体に書かれた文字に近くなるような工夫がされているメリットがあります。

 

それでも、機能が限定的です。
普通のタブレットPCを選べば
◆もしも、読書自体に飽きちゃった時。
◆電子書籍が、自分には合わないと思った時。
◆興味のある本が、ごくわずかという時。
などに、普通のパソコン的な機能も多いので助かります。
無駄になりにくい。

電子書籍とタブレットPCの関連記事一覧

電子書籍のタブレットを比較すると、どれが良いのか?

もともと、それほど熱心な読書家でも無く。「読書自体に、飽きる可能性も高い」という人の場合は電子書籍のタブレットとして、私は普通のタブレットPC(汎用端末)をおすすめします。そうは言っても、有名なアマゾンの「キンドル」や、ソニーの「リーダー」も気になります。それぞれを比較します。【ソニーのリーダー】軽...

≫続きを読む

電子書籍のタブレットは人気だが・・。

電子書籍のタブレット「キンドル」「リーダー」などは人気が出ています。軽量で持ち運びが楽であること。目に優しくて、長時間の読書もしやすいこと。など、良い点も多いです。それでも、「そもそも、読書家ではないので、読む量も少ない。」「読書以外の、他の用途でも活用したい。」という人には、微妙です。普通のタブレ...

≫続きを読む

通信費はいるのか?電子書籍タブレットのアマゾンKindle

アマゾンの「Kindle」は有名になり気になる方も増えました。それでも、「基本的に、どういう物なのか?」と疑問に感じる人も多いです。キンドルの基本的な使い方を解説した動画を発見しました。「通信費」を気にする方も多いです。通信費は自宅で「無線LAN」が使える環境であれば、いらないです。ただ、自宅以外の...

≫続きを読む

軽量で好評!電子書籍タブレットSONY「Reader」

SONYの電子書籍タブレット「Reader」は、軽量なのがメリットです。デメリットは、購入から実際に読むまでの手間がかかる点です。一般の人が、Readerの感想を述べた動画を発見しました。Reader本体に文庫本の場合、1300冊マンガ本の場合、30冊ほど入れることができます。マンガ30冊は、少ない...

≫続きを読む