偏差値50以下のおバカ高校生が東大を目指すストーリー

斬新な学園モノ!ビジネスライクな教師

三田紀房先生の代表作「ドラゴン桜」は話題になりました。

 

これまでの漫画、ドラマに登場する教師像の系譜は
■熱血教師(金八先生・スクールウォーズなど)
■タブー教師(真田広之主演の「高校教師」)
を経て・・
最近は異色な教師が多いと言われています。
例えば、ヤンキー先生や「ごくせん」など。

 

そんな中でドラゴン桜の、桜木健二は
「ビジネスライク教師」と言えます。
青臭いこと、説教臭いことは一切言わないキャラ。
それが痛快です!

これまでにない斬新な学園モノの漫画と言えます。

 

ドラゴン桜の関連記事一覧

ドラゴン桜の勉強法で東大に合格できるか?

ドラゴン桜の秀才キャラ大沢賢治は頭が良すぎて「宇宙人」と表現されていました。圧倒的に頭の良い受験生。現実の世界でも、「宇宙人」のように頭の良い人はいるものです。教育界ではタブー視されていますが、努力うんぬん以前に「もともと頭の良い子」「普通の子」「頭の悪い子」というものは厳然と存在します。勉強を全く...

≫続きを読む

漫画「ドラゴン桜」の名言は本音が出ていて良い

ドラゴン桜の名言は、受験生だけじゃなく社会人にも心に残ります。「ごもっとも!」と感じる、現実的な本音の名言の中に・・少しブッ飛んだような、最も有名な名言「教えてやる!東大は簡単だ!」がキラリと光ります。かなり無茶な意見のようで・・その後の、桜木のレクチャーのシーンを読んでいると納得させられます。きち...

≫続きを読む