神崎守は成長して、裏社会から国家の利権に絡む

前作「極悪がんぼ」を凌ぐスケール!神崎守の成長ぶりが凄い

「激昂がんぼ」は、前作「極悪がんぼ」から3年後の世界です。
主人公の神崎守は、成長し
今や凄腕の事件屋となっています。

 

そして、
今作からはもう一人のキーパーソン(主役級)
総務省のキャリア官僚で、広島県庁に出向中の
二宮亮(にのみや りょう)が登場します。

 

神崎と二宮のコンビで、国家の利権のドロドロした世界が描かれます。
読んでいて非常に勉強になります。

 

前作よりも、遥かにスケールが大きくなりました。

 

激昂がんぼの関連記事一覧

ブチギレがんぼの口コミ・レビューは、前作「極悪がんぼ」を凌ぐ

激昂がんぼ(ブチギレがんぼ)は前作「極悪がんぼ」の時のファンからもレビュー・口コミで好評です。前作とは雰囲気がガラリと変わりつつシッカリと受け入れられています。神崎守の成長。ストーリーのスケールが、国家の利権にまで及び・・「巨悪」というものについて勉強になります。あの金子千秋が、広島県芸南市の市議会...

≫続きを読む