幕末まんが。「おーい!竜馬」と世界観を共有

前作「あずみ」から250年ほど後の世・・。

小山ゆう先生の「AZUMI-あずみ-」の電子書籍がダウンロードできます。

 

前作の「あずみ」は戦国時代末期〜江戸時代初期でしたが
今回の「AZUMI-あずみ-」は幕末が舞台です。
1860年(安政7年)の「桜田門外の変」の頃から始まります。
前作とは無関連のストーリーです。

 

主人公のあずみの設定が
■前作よりも剣の強さが比較的弱め
■前作よりも性格が少しキツめ
のように感じます。
それでも、リアルな感じがして面白いです。

 

AZUMI-あずみ-の電子書籍コミック関連記事一覧

「AZUMI」は「あずみ」の正式な続編なのか?

戦国末期〜江戸時代初期を舞台とした小山ゆう先生の「あずみ」は第48巻で終わりました。ラストは「第一部完」ということになっていましたが・・この物語は、これで終わりだと思います。AZUMIでは、主人公の名前は同じでも時代は幕末です。続編ではなく全く別の話でしょう。もしかすると、あずみの子孫という設定かも...

≫続きを読む

漫画「AZUMI」(小山ゆう)のあらすじ

前作「あずみ」のラストで、あずみが身を寄せることになった安曇野。それから250年ほどの時が流れて。。同じ安曇野の出身の、あずみが幕末で活躍するストーリー。前作のあずみの子孫かどうかは、今のところ不明。あずみは、反幕府側の刺客として活躍します。今作からは、もう一人の男性主人公、向駿介が登場します。駿介...

≫続きを読む